プリント基板・基盤製作・基盤設計・立体表面配線化技術

製造データ処理
製造用基板データの検査・編集

CAM編集は基板データの面付け作業を行うだけではなく、より高品質の基板を提供できるように設計ルールや基板工場の製造基準に準じた検査を行います。
製造過程での問題発生がないよう、事前に基板工場と相談、打ち合わせをした上でデータ補正などの編集作業を行い、フイルム作画をしております。

flow-pc-img01
flow-pc-img02
flow-pc-img03
製造上の問題もしっかり対処

お客様よりお預かりした基板データは、製造上の問題がないか製造ルール検査を行います。問題が見つかれば、お客様に問い合わせをし、問題となる箇所をPDF等でお知らせします。設計と製造ルールに基づいて、データ修正のご提案をさせて頂きます。

flow-pc-img04
flow-pc-img05
flow-pc-img06
flow-pc-img07
ガーバーデータ以外もご対応

当社は、ガーバーデータ以外でも基板データを作成する技術があります。DXFデータ、DWGデータなどの輪郭化されたデータを基板製造用ガーバーデータに変換します。データがない場合でも現存のフォトフィルムから基板製造用データを作成できます。ODB++からのデータ編集も可能です。

flow-pc-img08
flow-pc-img09
基板製造データについてはお気軽にご相談ください

フィルム作画のみ、CAM編集のみのご依頼も承ります。

gotop

Copyright © 2017 KAWASAKA PROCESS All Rights Reserved.